私の秘密

2018年4月、また彼からの連絡で始まってしまったいけない恋。いつか終る恋なんでここに綴ろう。

淫ら

ホテルに、入ると熱いキス。



昨日は、暑かったからと



ふたりで、シャワー。



彼が、体を洗ってくれる。



彼の指や唇が私から離れない。



彼の執拗の指で、



私は乱され淫らな女になる。



どれくらいキスをしたんだろう。



私の唇に彼が残って、



私を熱くさせる。

卑怯

今日も、会える。



どうしようもない、ふたり。



あんまり、会わない方がいいのかな。



どれだけ好きになっても、



どれだけ体を重ねても、



私も彼も、帰る家がある。



家には、優しい家庭があって



私の帰りを待っていてくれる。



「おかえりなさい。」って



言葉で、罪悪感に襲われる。



あなたが、体のあちこちに残っていても



私は、家族に卑怯な嘘をつき続ける。

キス

彼とキスをした。



彼の優しいキス。



舌を絡める。




私は、彼の下の方にも



キスをする。



あなたの吐息が、もれる。



「もっと。もっと。」



好きなだけ、喘ぎなさい。



私から離れられなくしてあげる。




二人が、終わる時



私だけ、悲しくなるの嫌だから。